歯科医院を変える際の利点と注意すべきこと

治療の途中でも病院を変えることはできるのか?

主治医を固定する決まりはありません!

日本には、ここの病院でこの先生じゃないとダメという決まりはないんです。
なので通いづらいなと思ったり合わないと思ったら病院を変える自由があります。
引っ越しや就職、転職、通学などで今まで通っていた歯科医院に通うことが困難になり治療途中でも変えざることがあると思います。
また、治療途中で治療方針や治療途中での成果に不満があるなどで歯科医院を変えたいと思うこともあると思います。
比較的治療に長くかかることが多いからこそ通いやすく治療に満足できるのが一番いいですよね。
転院の理由によっては主治医の先生に言いづらいこともありますが基本的に転院するにあたって今まで通っていた歯科医院に報告したり新たに行くところに紹介状や診断書を持っていく必要もないです。

転院前に慎重にセカンドオピニオンをする

セカンドオピニオンとは、転院するしないの前に第三者に意見を求めることを言います。
今の治療に不安がある場合まず他の歯科医師にセカンドオピニオンとして意見を聞いて慎重になるのも1つの手です。
長くかかる治療のなかで主治医と信頼関係を築くことが大切になってきます。
その中ですぐに転院を決めるのではなく慎重になって第三者の意見やアドバイスを聞いてみるのも1つの手です。
セカンドオピニオンを受けたからといって現在通ってる主治医との関係が悪くることもありません。
セカンドオピニオンを受けてしかっりとした信頼関係を築き長く続く治療に専念するのも1つの手ですしそこで治療が厳しいと判断した場合は他の歯科医院に転院をする選択をするのも1つです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る